お金借りる 内緒

MENU

内緒でお金を借りたい方はこのキャッシング!

お金を借りたいけど、職場にバレたり、親にバレることを心配する方も多いと思います。真面目な方ほど、神経質になったりするものです。しかし、現在のキャッシングサービスは、その辺りは十分に配慮されています。まず、来店不要でオンラインですべて完結してしまうので、周辺の目を気にすることはありません。

 

そして、最大の難関である「在籍確認」ですが、これは当サイトがおすすめしているアコムの場合は、基本的に在籍確認の電話はあります。しかし、担当者の個人名で職場に電話があるので職場の人間に「アコムでキャッシングしていること」がバレことは通常ありません。また、変に勘ぐられた場合、「クレジットカードを発行した」などと適当に受け流すことを想定していれば問題ないです。

 

また、親バレの可能性も心配な方もいらっしゃると思いますが、審査を通過してカードの受取りを自宅ではなく、店頭窓口、自動契約機(むじんくん)にすれば問題なくクリアーできます。自宅への書類なども、返済が滞ったりしない限りございません。安心して審査申込みしてみてください。

キャッシングの返済を延滞すると行われる法的手段とは

お金借りる内緒

キャッシングの返済を延滞してしまった場合に届く消費者金融や銀行からの督促状には、法的手段という言葉が書かれていることがあります。その場合、具体的な内容としては、このまま滞納し続けた場合は法的手段を執ると書かれていることが多いですが、法的手段とはどういうものなんでしょうか。

法的手段とは、裁判所を通じて執行する督促ということになるでしょう。まず、一番軽い法的手段としては支払督促があります。支払督促は、債権者が債務者に対してお金を返してほしいということが書かれています。この段階では裁判所がなんらかの決定をしたわけではありません。
その次は仮執行宣言付支払督促です。これは無視してしまうと、債権者に強制執行、つまり、差し押さえをする権利を裁判所が与えるという督促になります。
そして、裁判です。貸金業者がこの人がキャッシングしたお金の支払を延滞して返済してくれませんということを裁判所に訴えるのです。民事裁判なので、訴えられたとしても警察が家に来て逮捕されてしまうということはありません。ただ、普通の人は訴えられるということはほとんどないので、法的手段としてはかなり重いものと言えます。
最後に強制執行です。これは債権者に対して、債務者の財産を差し押さえて処分してお金を回収することを認めるもので、滞納者への法的手段としては一番重いものと言えます。

消費者金融で借り入れ契約を行う際に重要な総量規制とはいったい何か

お金借りる内緒

日常生活を送る中でもしも急にお金が不足する事態に見舞われた時には、消費者金融の借り入れサービスを活用して手軽に埋め合わせると便利です。カードローンやキャッシングなどであれば、手続きも簡単で融資もスピーディーに行われることから、本日や明日に差し迫った支払いなどにも十分間に合わせることが出来るでしょう。

 

ただし、消費者金融を利用する際には総量規制について踏まえておかなければなりません。総量規制とは個々人が借り入れ契約する際に設定される融資限度額にまつわる決まりごとであり、年収の3分の1を超える融資を行ってはならないことになっています。もしも消費者金融業者が総量規制を上回る融資を行ってしまった場合には罰せられるケースもありますので注意が必要です。

 

この総量規制は、利用者の経済力や返済能力を上回る融資を行って返済不能に陥ってしまうことのないような配慮から生まれたものです。これを守ることによって消費者金融も、そして利用者も双方にとって損害を被らないように配慮することが可能となります。

 

また総量規制の徹底に伴い、審査の際には年収証明書の提示によってその金額をしっかりとチェックすることが義務づけられています。なおかつ信用機関への照会を通じて現時点の他社からの借り入れ金もきちんとチェックすることになっています。そのため、利用者が年収や現時点の借り入れ額をごまかそうとしてもすぐに判明することになります。